千里高校同窓会「飛翔会」はブラック同窓会なのか?総会で役員が千里高校卒業生に罵倒するのを目撃&体験、警察沙汰に

ちょっととんでもないことが起きたようですね。実際にその場にいましたが、いくらなんでも千里高校飛翔会の役員会の方々はやりすぎではないでしょうか。正直、怖いです。

参加したみんなの証言や実際に目撃したこと、さらに実際に罵倒されていた本人への聞き取りなどを箇条書きでまとめました。また、複数の記録データも提供してもらい、発言内容などを確認しており、既に警察の方でも以下の事実を確認済みですので、公開し、報道することとしました。参考にして下さい。

・飛翔会役員で会計監査を担当している方が、総会へ出席するため千里高校を来訪した千里高校卒業生に対して、受付にて罵倒し始めて騒ぎになる。以下の写真の右側に写っているのが、今まさに罵倒しにやって来た「会計監査」の方です。

・実際に罵倒している音声データを以下の記事中で公開しています。非常に気分を害する可能性があるので、自己責任で再生して下さい。

千里高校飛翔会総会で「なんやねん、コラァ!帰れ!帰れ!!」と役員に怒鳴られたので記録データを公開 | INS-MAGAZINE.ORG

・一方的な飛翔会役員からの罵倒が続き、受付開始時刻になっても入場できず。

・警察が2名やって来て、役員などに事情聴取をその場で行った結果、昨年の一連の質問記事が主原因で、卒業生の総会参加を禁じようとしていることが発覚。原因は以下の記事のようです。

千里高校飛翔会「不正をなくそう!」キャンペーン | INS-MAGAZINE.ORG
http://ins-magazine.org/20160704-overlord-3979/

・警察が昨年の記事をすべて読んだ結果、飛翔会の役員に対し、「千里高校の卒業生が会員なのだから、総会への出席をそのような理由(=総会で質問されたくない)で禁止するのはいかがなものか」という方向でまとめることに。

・その際、「会計監査になった方」が「役員会へ質問書を持って来た卒業生を罵倒して妨害している動画」が卒業生から提出される。以下の記事の元動画だそうです。

千里高校飛翔会の役員会に直接行き臨時総会招集請求を手渡すことに成功、その場で説明を求めました | INS-MAGAZINE.ORG
http://ins-magazine.org/20160723-overlord-4025/

・動画を確認した警察側が「このまま総会に出席すると、会計監査の方は大変興奮しており、あなたに暴力を振るう可能性があります。我々警察は民事不介入ですので、出席するなとか出席しろとかそういう判断はできません。危険なので総会への出席を考え直すべきです」という旨のことをその場にいた参加者に通達。

・「飛翔会の役員の方々に総会への出席を、このような罵倒と暴力的な形で妨害されると困るので、いっしょに付いてきてもらえないだろうか」と千里高校卒業生の方が警察にお願いすることに。

・「飛翔会の役員の方々の運営判断を警察としては重視するが、会計監査の方の言っていることと、あなたの提出している資料やこれまでの経緯を見ると、明らかに飛翔会の役員の方々が少しおかしいように感じる。総会への出席を実力行使で妨害しているのは確かに飛翔会の役員の方々ですし、あなたは総会で質問するだけだと主張しており、誰にも暴力を振るっていません。警察としては、あなたが総会で質問するだけなのかどうか、そして飛翔会の役員の人たちがあなたに暴力を振るわないかどうか、いっしょに付いていって後ろから見守ることはできます」ということになり、なんと前代未聞、警察官が後ろで監視する中で総会が行われることに。

・受付にも万が一の事態に備え、警察官の方が1名、待機していました。

・総会では昨年度に指摘されたもろもろの不正会計疑惑を一掃するため、税理士まで入れて徹底的な監査を行うという素晴らしい内容でした。

・つまり、昨年度の指摘記事「千里高校飛翔会「不正をなくそう!」キャンペーン」の結果、飛翔会は自浄作用を発揮したようです。

・結果、総会では「寄付金はどうなっているのか?」という質問が一件あるだけでした。

・しかし、会計監査の方の態度はかなり悪く、「こえがきこえませーん」というようにしてヤジを飛ばしており、嫌がらせか?というような答え方をしていたのが印象的でした。

・会計監査の方が質問者に対して嫌がらせっぽい対応をしたことに対し、会長や司会の方など役員の方々は誰も止めませんでした。

・総会は撮影禁止・録音禁止となっており、意味不明状態。記録されると何が困るのでしょうか。

・「不正会計疑惑を報じた方」が今回の「寄付について総会で質問をした方」なのですが、それが原因なのか、以前の記事のせいなのか、懇親会の1000円を払っているにも関わらず、懇親会への参加を断られて排除された、とのことです。

・その後、断られた方に確認したところ、懇親会参加を禁じられて追い出されたので、懇親会参加費として受付時に払った1000円の返金を求めたものの、会計監査の方に一方的に断られた、とのこと。本人が自分の意志で参加しないのであればともかく、参加を役員側が禁じているのにもかかわらず「お金だけ回収する、返金はしない」というのは、ちょっとおかしいのではないでしょうか。

・受付時に「1000円を払っても、懇親会には参加できません」という事前告知はありませんでした。以下が物証。

・要するに、千里高校同窓会「飛翔会」の運営に対して公の場で疑問を呈したり、「こうするべきでは?」と建設的提案を総会で行うと、翌年から受付で罵倒されたり、警察を呼ばれたりする可能性が極めて高い、ということです。

うーん、にわかには信じられないのですが、実際に目の前で起きていましたし、記録データも確かにありますし、もうどうしようもない現実ですね。

あと、ここには掲載していませんが、有志の方から他にも提供されたデータを確認すると、飛翔会の役員の方が次々と暴言を吐いており、目撃者も多数いる中でなぜこのような暴言を吐く人間を役員としているのか、不思議でなりません。

総会の最後でも会長が露骨に「あのネット上にある不正会計疑惑記事のせいで、飛翔会の評判が悪くなっている。ネガティブキャンペーンだ」ということで憤っていました。しかし「会長」と「不正会計疑惑記事を書いた方」が懇親会のあった図書室前の廊下で話しているのをその場で立ち聞きしていましたが、役員会の方々によると、不正会計疑惑記事は「事実無根」であり、弁護士に相談した結果、名誉毀損で記事を書いた人を訴えることができるのだが、裁判を起こしても接近禁止措置ができる程度なので、訴えるのをやめた、と言っていました。記録データもありますのでこの発言は事実ですし、総会の最後でも同じ事を会長が全員に言っていました。一般の参加者も、名誉会長として出席していた千里高校の校長先生も聞いていましたので、このことは間違いありません。

誤解を恐れずに言うなら、今回の会計正常化のきっかけを作った方に対し、まさに「恩を仇で返す」ような仕打ちを行っているわけで、しかも総会の進行を妨害したわけでもないにも関わらず、たった1つ質問を総会でしただけなのに一方的に排除しており、しかもほかの関係ない参加者に対しても「ああいうことをすると裁判で訴えられますよ」と暗に臭わせて逆らわないように恐怖感を演出して釘を刺した、ということになります。しかも今回の会計正常化のきっかけを作った方は調べたところ、10年先までの同窓会費をなんと前納済みで、50周年記念事業にも寄付しており、千里高校同窓会に対して非常に熱心に応援する立場の人でした。飛翔会の会報でもインタビューされています。

つまり、10年分の同窓会費を気前よく払い、周年記念事業にちゃんと寄付していたとしても、「千里高校同窓会「飛翔会」の役員会の運営はおかしいのではないか?」ということで疑問をちょっとでも呈すると、今回の総会で明らかになったように、見せしめとも言えるひどい仕打ちが徹底的に行われてしまうリスクが顕在化した、ということです。

取材の過程で判明したように、不正会計疑惑記事をきっかけに、その疑いを晴らすべく一部の飛翔会役員の方々が頑張っているにも関わらず、それらの改善を台無しにする今回の所行は目にあまるものがありました。総会参加者である千里高校卒業生の意見や質問をもとにして改善する姿勢は大変立派ですが、改善活動のきっかけとなる問題点を指摘した人に対し、感謝するどころか、一方的に排除し、罵倒し、しかもほかの役員の方々が誰一人としてそれらの攻撃を止めないというのは、第三者の視点で見ていると、あたかもオウム真理教のようにカルト的な、極めて内輪向けの閉鎖的「お友達集団」にどうしても見えてしまうのではないでしょうか。

今回の総会後、千里高校同窓会「飛翔会」の役員のある方が「今回の総会の出席者が減ったのはあのネガティブキャンペーン記事のせいだ」と怒っているのを見聞きしましたが、その怒り方はまったく当たらないと言っても過言ではないでしょう。

総会での一方的かつ理不尽な仕打ちは誰の目にも明らかですし、ちゃんと物証データまであり、目撃者も多数おり、警察までやって来て事情聴取&現場をちゃんと確認&総会内容を確認している、という状態になってしまっており、これらはすべて「本当のこと」です。

非常に残念ですが、昨年度の総会、そして今年度の総会を取材した結果、君子危うきに近寄らず、こういった「ブラック同窓会には関わらない方がいい」というのが結論です。